眼科

TOP > 眼科

  当科では、地域医療の最前線に立つ診療所として、眼科領域全般に対応させて頂いておりますが、その中でも特に白内障手術、眼鏡とコンタクトレンズの処方、そして視力訓練に力を入れております(詳しくはそれぞれのページをご参照下さい)。“こんなことを医者に相談して大丈夫だろうか”と思われる些細なことでも、丁寧に説明致しますので、どうぞお気軽にご来院下さい。

眼科診療案内
診療時間
午前 9:00~12:30
 

~13:00

~13:00
午後 14:00~18:00

手術

  • 受付時間は、診察終了時間の30分前までです。
  • 診療は予約制となりますので、あらかじめお電話などで御予約をお願いします。
  • 火曜日の午後は、手術のため通常の診察は行っておりません。
  • 休診日:木曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝日

初診時の診療の流れ

  1. エントランスに段差はなく、車椅子でもスムースに入れます。
  2. 待合室と受付は外科と共通となっています。
  3. 受付で保険証をご提出の上、眼科受診の旨をお伝え頂き、問診票に記入して頂きます。
  4. 2か所ある入口のうち、眼科側からお呼びしますのでお入り下さい。
  5. 眼科スタッフが、問診票を参考に病状についてお伺いします。基本的に初診時は視機能をチェックする目的で、視力検査など一般的な眼科検査をさせて頂きます。コンタクトレンズ装用中の方はお申し出下さい。
     
  6. 検査が終われば、一旦待合室でお待ち下さい。
  7. 同じ眼科の入口から診察でお呼びしますので、入口左の診察室にお入り下さい。 
  8. 必要に応じて検査を追加致します。注1
     
  9. 診察が終われば、再度待合室でお待ち下さい。
  10. 受付がお呼びしますので、診療明細や処方箋を確認の上、会計をお済ませ下さい。注2
 

注1:飛蚊症(糸くずや虫が飛んで見える)や、糖尿病網膜症の精査などでは、瞳を広げた状態での眼底精査が必要となります。瞳を広げる目薬をさすと、もとの 大きさに戻るまで4~5時間かかるため、その間は眩しくなったり見えにくくなったりします。このような症状で受診される場合には、ご自身の運転でのご来院 はお控え下さい。
注2:当院は院外処方になっています。

白内障手術についての考え

  発展途上国において、手術が受けられずに白内障で失明される方が多いのは想像出来ますが、医療水準が世界トップクラスで、しかも国民皆保険の日本でさえ、未だに白内障で失明される方がおられるのは違和感を感じます。これは白内障に対する知識が浸透しておらず、そのまま高齢となり通院が困難となった方や、全身疾患により治療が受けられない方がおられるからではないでしょうか。これは我々眼科医の啓蒙活動や努力が不足しているともとれます。何が原因で視機能が低下しているか鑑別診断を行い、白内障が原因であれば、手術で改善が見込めると伝えていますが、“もう、年だから諦めています”と言われることが多いのが現状です。つまり、もっと早く白内障を見つけて手術を奨めていれば、“まだ体も元気だし、人生で色々とやりたいことがあるから、手術で視力を回復させたい、手術を受けます”と答えられていたかもしれないのです。糖尿病網膜症や緑内障、加齢性黄斑変性、そして網膜色素変性症といった難治性の病気と異なり、白内障は数少ない“治せる病気”であるが故に残念に感じるのです。