眼瞼下垂の手術について

TOP > 眼瞼下垂の手術について

眼瞼下垂とは

 上まぶた(上眼瞼)が下がることで、目を開けづらくなる状態を眼瞼下垂と呼びます。多くは加齢により眼瞼の筋肉が弱くなった場合に認めますが、先天性や外傷性、さらにハードコンタクトレンズを長年使用した場合にも認めることがあります。一方で、眼瞼の皮膚が弛むことで眼瞼が下がってくる状態を眼瞼皮膚弛緩症と呼び、眼瞼下垂とは区別しています。

症状

眼瞼下垂がひどくなると、眼瞼が瞳にかぶさってしまうことで上方の視野が遮られて見えにくくなります。また無理に額の筋肉(前頭筋)を使って眼瞼を挙げようとするため、おでこに皺が出来やすくなったり、眉毛が挙がったりします。これらを無意識に行うことで眼精疲労の原因にもなります。

手術方法

眼瞼皮膚弛緩症のみの場合には、余剰な皮膚を切除することで改善が可能です。一方、眼瞼の筋肉が弱くなった場合には、筋肉を修復するための手術が必要となります。具体的には、眼瞼の皮膚に切開を入れて皮下組織を剥離し、眼瞼を挙げる筋肉(ミューラー筋)を瞼板という組織に縫い付けます。局所麻酔(眼瞼に細い針で麻酔の注射をします)の日帰り手術で、手術時間は30~45分です。

術後経過

手術当日は眼瞼の傷の部分にガーゼを当てますが、翌朝の診察後はガーゼは不要となり、洗顔や洗髪、入浴などは可能となります。1週間後に眼瞼皮膚の抜糸を行いますが、腫れや赤みは時間の経過とともに少なくなり、数週間で改善します。

 写真:術前(左)、術翌日(中央)、術後3週間(右)