白内障手術について

TOP > 白内障手術について

白内障(はくないしょう)とは

白内障とは、目の水晶体(カメラでいうとレンズの部分に相当)が濁る病気です。レンズが濁れば、光が遮られて目の奥まで届かなくなり、“物がかすんで見える”“電灯や車のライトが眩しい”といった初期症状から、進行すると視力が低下し、物が二重に見えたりします。
裸眼視力(眼鏡をかけない時の視力)が落ちても、近視や遠視、乱視といった屈折異常、つまりピントの問題が原因の場合は、きちんと眼鏡やコンタクトレンズを合わせれば視力は上がります。一方、白内障やその他の病気で目の機能が落ちてしまった場合には、いくらピントを合わせても視力は上がらないのが特徴です。

原因

大部分が加齢によるものですが、全身の病気(糖尿病やアトピー性皮膚炎など)や、目の病気(ぶどう膜炎など)、目の外傷によっても起こります。白内障を“少しでも水晶体が濁った状態”として定義した場合、正常に生まれた時には透明だった水晶体が40歳で40%、60歳で70%、80歳ではほぼ100%濁りがあるというデータもあります。もちろん、少しの濁りでは自覚症状もなく、視力にも影響を与えません。


白内障の写真

 

治療

手術により濁った水晶体を取り除くことが唯一の治療となります。白内障の目薬を病院で処方されている方も多いと思いますが、あくまで進行予防が目的であり、しかも完全に進行を抑制するのは困難と思われます。1999年頃に、一部の新聞で“白内障点眼は効果がない”との報道がありましたが、国の承認を得たお薬であることに違いはなく、当科ではきちんと患者さまにご説明して、ご希望があれば処方しています。基本的に、どうしても手術を受けたくない方や、全身状態が悪くて手術を受けられない方では必要なお薬と考えています。 

手術適応

手術を行う適応は、どの程度自覚症状があり、視力が低下しているかによりますが、当科では運転免許に必要な0.7以下くらいを一つの目安としています。80歳以上で約40%の方が視力0.6以下というデータもあり、年齢とともに手術適応は増えるということになりますが、視力が0.1でも不自由を感じておられない方なら手術は不要ですし、逆に視力が0.9あっても、自覚症状が強くて日常生活に支障を来しておられれば手術を行います。
以前アメリカで行われたように、“将来起こりうる白内障を予防する”という理由で、視力が良くてかつ無症状の方に白内障手術を行ってしまう病院もあるようですが、私はこれを“予防医学ではなく過剰医療”と考えています。例えば、虫歯になる前に全部入れ歯にしておく、膝が悪くなる前に人工関節にする、心臓が悪くなる前にステントを入れる、など行わないのと同じではないでしょうか。あくまで手術なので合併症のリスクがゼロということはあり得ませんし、当科では矯正視力(眼鏡などでピントをきちんと合わせた最高視力)が1.0以上見えている場合には手術は行わないことにしています。また、白内障が視力低下や自覚症状の原因であり、手術により視力や自覚症状が改善する見込みがあることが前提となります。

手術合併症(主なもののみ列挙)

手術中の合併症(カッコ内の数字は合併症が起こる頻度です)

  1. 眼痛:ほとんどの方は痛みを感じなかったと言われますが、個人差があります。
  2. 後嚢破損および硝子体脱出(3.8%):水晶体の後の嚢が破れて、その後方にあるゼリー(硝子体)が水晶体嚢内に脱出することです。この場合は細かいカッター(硝子体カッター)で脱出した硝子体を切って押し戻す処置が必要となります。また後嚢の破れる範囲が広い場合には、眼内レンズが目に入れられないことがあります。
  3. 水晶体核落下(0.1%):水晶体の濁りの中心にある部分を水晶体核と呼びますが、手術中に後嚢破損が生じると、その穴から水晶体核が目の奥に落下することがあります。この場合は、一旦手術を終了し、改めて目の奥の手術(硝子体手術)を行って落下した水晶体核を取り除く必要があります。
  4. チン支帯断裂(0.8):水晶体を目に固定しているハンモックのことをチン支帯と呼びますが、それが弱くなっていた場合に手術中に切れてしまうことがあります。この場合は水晶体嚢に小さな針金のような器具で補強をしながら手術を行いますが、チン支帯の断裂が広範囲に及ぶ場合には、眼内レンズを入れると傾いてしまう可能性があるため眼内レンズが入れられないことがあります。眼内レンズが初回の手術で入らなかった場合には、再手術で眼内レンズを目に縫いつけるか、コンタクトレンズや眼鏡により矯正する方法をとります。
  5. 駆逐性出血 (0.005%):手術中に突然目の奥から出血することです。この場合、急いで手術を中断しますが、完全な予防や予測は不可能です。頻度は非常に稀ですが、起これば重篤な合併症なので説明することにしています。

手術後の合併症

  1. 感染(0.05%):術翌日から1週間以内に起こることが多いため、術後1週間はゴーグルで目を保護しながら、毎日通院して頂きます。また涙の通り道(涙道)を前もって洗っておき、手術3日前からは抗生剤の目薬をさして、出来るだけ目の周りの細菌を減らしておきます。
  2. 後発白内障:白内障手術直後は透明だった後嚢が、次第に濁ることを後発白内障と呼びます。つまり白内障手術で一旦回復した視機能が、後発白内障が進行すれば再びレンズを通る光を遮ることになるため、視力の低下やかすみといった症状を生じます。眼内レンズの進歩により頻度が減少していますが、発症した場合にはYAGレーザーという特殊なレーザー治療を行います。
  3. 黄斑浮腫:目の奥の網膜(カメラでいうフィルムの部分に相当)の中心(黄斑部)に水が溜まることで、糖尿病やぶどう膜炎の既往がある方で起こりやすくなります。難治性の場合がありますが、飲み薬や注射などで対応します。
  4. 眼圧上昇:緑内障やぶどう膜炎の既往がある方では、眼圧が上がる場合があります。基本的に目薬や飲み薬で加療します。

手術方法

当科は局所麻酔下での日帰り手術のみ行っています。手術当日は2時間前に来院して頂き、特別病室(個室)でゆっくりくつろいで頂きながら、何度か目薬をさして瞳を広げていきます。点滴をとってから手術室に移動し、痛み止めの目薬をさしてから目を洗い、手術を始めます。黒目(角膜)の上に切開を入れてから水晶体の中身を超音波装置で砕いて吸い取り、水晶体嚢内をきれいにしてから眼内レンズを入れて終了です。手術時間は約 15 分です(症例によって異なります)。手術が終わると眼帯をして約 1 時間ベッドで休み、体調などに異常がないことを確認してから帰宅して頂きます。 

手術
手術室

病室

手術後の生活

手術当日は眼帯をしたままお休み頂きますが、翌朝診察時に目を保護するゴーグルに代えます。その後は3種類の目薬をさして頂きますが、始めの1週間は感染予防のために入浴・洗顔・洗髪を控えて頂きます。それ以降はゴーグルを止め、日常生活も特に制限はありませんが、車の運転や肉体労働、水泳などは経過を見ながら除々に慣らして頂きます。 

手術後の見え方と眼鏡

基本的に手術直後から見え方は改善します。ただし、目の中に入れる眼内レンズは、現在健康保険の適応となっている単焦点レンズのみを扱っていますので、術後に遠用もしくは近用眼鏡の処方が必要となります。この場合は、手術をしてから日が浅い時に処方すると度数が変わる可能性もありますので、原則として1カ月先で眼鏡処方を行うことにしています。